2011年01月11日

高校サッカー決勝 滝川二が悲願の日本一

サッカーの全国高校選手権決勝。テレビで観戦していました。

終盤までは4−1とリードして「楽勝や」と思っていただけに正直驚きました。

滝川二が立て続けに2点を返され、1点差・・・。イヤ〜なムードが漂いました。

だが、滝川二はここで開き直ったのかな?後半ロスタイムに樋口が抜け出し、GKをかわして右足でゴールへ。これで優勝が確定!

滝川二・樋口.jpg

樋口は何か「持ってます」ね。(笑)

彼は、このゴールで優勝と樋口自身の得点王を決定付けたのですから。

滝川二・浜口(左)と祝福する樋口.jpg

神戸でも有名校で、自宅にも近い滝川二が優勝するとは嬉しいですね^^。

滝川二は日本代表FWとして活躍する岡崎慎司の母校でもあり、同じ清水入りが決定した樋口には是非頑張ってほしいですね。

滝川二は準決勝で立正大淞南(島根)と対戦していますが、終盤では相手のミスで助けられ、結果的に0−0としましたが、東京・国立競技場での準決勝という大舞台でなかったら負けていたかもしれません。滝川二にはつきもあったようでPK戦でも7−6できわどく制しています。「運も実力のうち」なんでしょうね^^。

立正大淞南との準決勝では壮絶な?PK戦を。同じく準決勝でPK戦を制した久御山(京都)との決勝戦では、最後の最後まで目が離せない「まれに見るいい決勝戦」を見せてもらいました。

滝川二の皆さんおめでとうございます^^。

「滝川二・栫(かこい)裕保監督(50)が担任の先生でした。」なんて方もいました^^。

久御山―滝川二 優勝を決め、涙を流し喜ぶ滝川二・浜口孝太.jpg

posted by FOXちゃん at 00:07 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/180043782

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。