2009年09月20日

コールドケースのリリーが凶弾に倒れた衝撃の映像が

コールドケースとは、

コールドケース 迷宮事件簿』もしくは『コールドケース』(原題:Cold Case)は、2003年よりアメリカ合衆国のCBSで放送されている刑事ドラマである。製作総指揮は『CSI:科学捜査班』シリーズなどを手掛けたジェリー・ブラッカイマーとメレディス・スティーム。

フィラデルフィアを舞台に、未解決の殺人事件(通称「コールドケース」未解決事件専従捜査班)を女性刑事リリー・ラッシュを中心とする殺人課のメンバーが解決していく。毎回、事件が起こった当時のヒット曲が数曲使われる等の独特の演出が視聴者から高く支持され、北米では屈指の高視聴率ドラマとなっている。北米では第6シーズンまで放送されている。  

引用ウィキペディア

現在WOWWOWでシーズン5が放送されています。WOWWOWでは、

主人公の女性刑事リリー・ラッシュを演じるキャスリン・モリスは、

1969年1月28日アメリカ・オハイオ州シンシナティ生まれ。

モデルとしても活躍し、日本在住の経験もあり。

他の作品では、『A.I.』『マイノリティ・リポート』『ペイチェック

消された記憶』などのヒット映画に出演していると紹介しています。 

ペイチェック消された記憶は最近地上波で放送されましたが、

キャスリン・モリスはかなり重要な役をしていましたね。わーい(嬉しい顔) 

また番組について

“コールドケース”とは未解決凶悪犯罪のこと。アメリカでは原則的に殺人罪に時効がなく、未解決事件が何らかのきっかけで再捜査されることもある。何十年も前の事件も、当時まだ無かったDNA鑑定など、現在の最新テクノロジーを駆使すれば、解決の糸口が見つかる可能性は大きい。また当時の関係者が重い口を開き、意外な真相を語り出すことも…。
本作は、回想場面で事件発生当時の時代背景を細かなディテールに至るまで再現。第4シーズン、犯人の凶弾を受けたリリー・ラッシュのトラウマを捜査と並行して描くことで、より濃密なヒューマン・ドラマに仕上がっている。

と内容を紹介しています。この中で

”第4シーズン、犯人の凶弾を受けたリリー”と説明されているのが、

この映像ですね。

コールドケース4最終話(24話ロミオ:原題Stalker 2006年)



リリー・ラッシュ(キャスリン・モリス)のファンにとっては、

ショッキングな映像ですね。

ハリウッド セレブ キャスリン・モリス

コールドケース4最終話(24話ロミオ:原題Stalker 2006年)

の中で使われた曲は⇒続きを読む
posted by FOXちゃん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | コールドケース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月15日

コールドケース5第10話「掲示板」リリーの大岡裁き

コールドケース5 エピソード10「 掲示板」

久々にテレビドラマで感動し泣きましたね。(笑)

ストーリーは、

1982年5月。成績優秀でスポーツマンの大学の人気者、マイク・ディレイニーが卒業式の翌朝に何者かに射殺されたが、容疑者すら浮かばず事件は未解決のままとなっていた。しかし25年後のある日、マイクの墓が荒らされ、墓石に“レイプ犯”と書かれていた。ラッシュたちが再捜査した結果、女子学生テシーによって、マイクにレイプされたと被害届が出されていたことが判明。マイク殺害を否定するテシーだが……。

このエピソードではアメリカにおける”レイプ事件”の立証の難しさ

がテーマになっているように思われます。

警官でありながら、被害者に同情して違法なことをやらざるを得ない

状況があることをうまくストーリーとして展開していきました。

レイプ被害者に同情して違法に拳銃を渡した女性警官には驚かされ

ましたが、ラストのどんでん返し(被害者の弟11歳が犯人だったこと)

と、リリー・ラッシュが(現在弁護士になっている)犯人の正当防衛

をレイプ被害者の姉の前で証言として誘導していくシーンは泣けまし

た!。ドラマの流れを見ていないとピンとこないでしょうが・・・。

リリーの上司が外で取調べを聴いていたのですが、リリーの証言誘導

が違法な取調べと判断した上司が、スピーカーを切ってしまうシーン。

犯人の弁護士がリリーの(正当防衛を主張するよう)証言を誘導する

ことに躊躇するのを見て、姉がリリーの言うとおりに(正当防衛を)

証言するように泣き叫ぶシーンは、最高に良かったですね。

これはまさにリリー・ラッシュの”大岡裁き”でした。

テレビドラマで久しぶりに泣けました。(笑)じゃない(涙)

これだけの演出をする「ジェリー・ブラッカイマー」はやはり

只者ではないようです。

このエピソードの挿入歌
オープニング:Space Age Love Song(A Flock Of Seagulls)



クロージング:Save A Prayer(Duran Duran)







このジャンルで人気のブログを見るブロ村 海外ドラマ


posted by FOXちゃん at 13:33| Comment(0) | コールドケース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

コールドケース5第4話でエルビスのあの名曲が

前回記事コールドケース5エピソード1でリリーが復帰

でコールドケース5第7話が面白いと紹介しましたが

先日放送されたコールドケースシーズン5第4話の

ロックンロール」(原題:Devil Music)はドラマに挿入された

音楽が興味深かったですね。

ドラマの舞台は1953年で、原題の「Devil Music」の通り音楽その

ものが殺人の動機になるストーリー。

いつもドラマの中に挿入される曲が話題ですが、今回の

オープニング曲は、グレン・ミラーオーケストラの

Dimples and Cherry Cheeks(Tex Beneke)。

他にドラマの途中で挿入された曲は

Bloodshot Eyes (Wynonie Harris)

Sixty Minute Man( Billy Ward & The Dominoes)

Noodlin' Rag (Perry Como & The Fontaine Sisters)

などがありますが、今回もっとも注目されるのは、

キング・オブ・ロックンロール、あのエルビス・プレスリー



バラードの名曲「好きにならずにいられない」、

Can't Help Falling in Love (Elvis Presley)

がクロージング曲で挿入されていたことではないでしょうか。

コールドケースはドラマだけではなく“音楽でも楽しめる”のが

やはり超人気の秘密でしょうね。




Cold Case [Original Television Soundtrack]

Cold Case [Original Television Soundtrack]

  • アーティスト: Andrew Shulman,Chris Bleth,Chris Bleth,Chris Bleth,Michael Levine,Michael A. / Adams, Peter G. Levine,Michael Levine,Abba Roland,Carmen Twillie,Eric Carlson,Jason Ralicki,Robbyn Kirmsse
  • 出版社/メーカー: Lakeshore
  • 発売日: 2008/11/11
  • メディア: CD










posted by FOXちゃん at 18:28| Comment(0) | コールドケース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。