2011年01月24日

期間限定無料プレゼント


「期間限定無料プレゼント」

なんと心地いい響きの言葉でしょうか^^。

私も知人に紹介されて使い始めましたが、この方が

誰でも簡単に使える楽天ツールを紹介されています。

ツールの紹介ページはこんな文章から始まります^^。

⇒ はじめにはっきり言っておきますが、「何もしないで」稼ぐことは不可能です。
寝ていればお金が降ってくるなんて夢のような話はありません。

ただ、何事にも「効率」というものは存在します。



たとえば、兵庫県にある私の会社は4階建てです。
私は毎日そこに出勤していますが、"必ず"エレベーターを使って昇ります。

退社時間になったら、エレベーターで1回まで降りて帰ります。
一度も歩いて昇り降りしたことはありません。




私だけではないでしょう。

メタボ対策などで意識的に運動している方を除いて
男性も、女性も、部長も、社長も、ほぼすべての社員が、
毎日エレベーターを使って社内を移動していると思います。

"非常階段"は、その名前のとおり"非常時"にしか使われないのです。




これは、彼らが「楽をしたいから」ですよね?

黙っていれば高いところまで運んでくれる箱があるのに
はぁはぁと息を切らせながら、歩いて昇るなんてまっぴらなのです。



ただ、あなたは私も含め彼らを「怠けもの」だと思いますか?

「2本の脚があるのに楽をしやがって!」と軽蔑するでしょうか。

おそらく、そんなことはないでしょう。
便利なものが目の前にあるのに、それを使わないのは

賢い選択ではありません。・・・


とこんな感じですが、「期間限定」ということで私も

早速記事にしました。


バレンタイン特集人気のチョコ、スイーツ、限定アイテム続きを読む
posted by FOXちゃん at 23:16 | TrackBack(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

高校サッカー決勝 滝川二が悲願の日本一

サッカーの全国高校選手権決勝。テレビで観戦していました。

終盤までは4−1とリードして「楽勝や」と思っていただけに正直驚きました。

滝川二が立て続けに2点を返され、1点差・・・。イヤ〜なムードが漂いました。

だが、滝川二はここで開き直ったのかな?後半ロスタイムに樋口が抜け出し、GKをかわして右足でゴールへ。これで優勝が確定!

滝川二・樋口.jpg

樋口は何か「持ってます」ね。(笑)

彼は、このゴールで優勝と樋口自身の得点王を決定付けたのですから。

滝川二・浜口(左)と祝福する樋口.jpg

神戸でも有名校で、自宅にも近い滝川二が優勝するとは嬉しいですね^^。

滝川二は日本代表FWとして活躍する岡崎慎司の母校でもあり、同じ清水入りが決定した樋口には是非頑張ってほしいですね。

滝川二は準決勝で立正大淞南(島根)と対戦していますが、終盤では相手のミスで助けられ、結果的に0−0としましたが、東京・国立競技場での準決勝という大舞台でなかったら負けていたかもしれません。滝川二にはつきもあったようでPK戦でも7−6できわどく制しています。「運も実力のうち」なんでしょうね^^。

立正大淞南との準決勝では壮絶な?PK戦を。同じく準決勝でPK戦を制した久御山(京都)との決勝戦では、最後の最後まで目が離せない「まれに見るいい決勝戦」を見せてもらいました。

滝川二の皆さんおめでとうございます^^。

「滝川二・栫(かこい)裕保監督(50)が担任の先生でした。」なんて方もいました^^。

久御山―滝川二 優勝を決め、涙を流し喜ぶ滝川二・浜口孝太.jpg

posted by FOXちゃん at 00:07 | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

鈴木亮平と財津一郎が共演した映画「ふたたび swing me again」


鈴木亮平と財津一郎が共演した映画「ふたたび swing me again」。

ジャズの街神戸を舞台に撮影され、このブログでも昨年記事に

しました。

世界のナベサダ76歳にして映画初出演!神戸で撮影

先日この映画「ふたたび swing me again」が

第23回東京国際映画祭の特別招待作品として公式上映され、

鈴木、財津をはじめMINJI、青柳翔、藤村俊二、佐川満男、

渡辺貞夫、塩屋俊監督がそろって舞台挨拶に!

futatabi.jpg

いよいよこの映画「ふたたび swing me again」が、11月13日

から全国で公開予定です^^。

同作は、かつてジャズバンドに青春をかけた男(財津一郎)が、

50年間抱き続けた夢を果たすため、孫(鈴木亮平)と一緒に旅に

出るストーリー。

鈴木亮平と財津一郎が共演したことや、ストーリーも面白い

のですが、私にとっては、地元神戸が舞台になっていること

や、前回記事にもしたようにあの世界のナベサダが共演?した

こともすごいし話題性が大きい!と思っています。

futatabi2.jpg

映画.com ニュースの記事によると、

ジャズサークルに所属する大学生・大翔を演じた鈴木は、「こんなにすごい人たちと一緒に共演したんだ! と、撮影後に緊張がやってきました」と、大先輩たちを前にこの日も緊張した面持ち。

財津との共演について、「役柄同様に孫のように接していただいて、プライベートな話も勉強になりました」と振り返った。

ハンセン病で50年にわたり隔離されていたジャズトランペッター・健三郎を演じた財津は、「体力的に非常に不安でしたが、無事に撮り終えてうれしい。

この映画の出演は(俳優生活の)最後のごほうびだと思って演じました。でも、命ある限りは演じ続けます!」と話した。

メガホンをとった塩屋監督は、「日本のエンタテインメント業界の宝物である(大御所の)役者と、これからを担う若手俳優、素晴らしいメンバーとこの映画を作れたことをうれしく思います」と喜びを語った。

また、トロンボーン担当の藤村が「トロンボーンなんて触ってことがないので、どうやってごまかそうかと思っていました」と会場の笑いをとると、財津も「今年の夏は大変な夏だったけれど、この映画『ふたたび』を見て、いい秋にしてチョウダイ!(笑)」と、往年のギャグで熱いメッセージを残した。

映画「ふたたび swing me again」は、11月13日から全国で公開。


ジャズの街〜神戸 JAZZ TOWN KOBE

書籍年間ランキング ベスト10

バレンタイン特集人気のチョコ、スイーツ、限定アイテム
posted by FOXちゃん at 18:41 | TrackBack(0) | エンタメ・映画・洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。